エアラインコース

エアラインコースでは、空港内でスタッフとして働くための知識を学ぶエアライン総合コースと、グランドスタッフコースがあります。

エアラインコースエアライン総合スタッフは、インフォメーション、セキュリティ、ケータリング、エアカーゴなど学ぶことも幅広くなっています。エアポートスタッフにもたくさんの種類がありますが、どの分野も専門学校で専門的な知識を身に付け、働きながらキャリアアップできるのがポイントです。

キャビンアテンダントは航空会社に就職して、飛行機に搭乗し機内で様々なサービスをするのが仕事です。それに対してグランドスタッフは、地上で様々な業務を行うのが仕事です。キャビンアテンダントに次いで人気がある職業でもあります。搭乗の際のチェックインやカウンターでの受付業務、ラウンジでの接客、搭乗ゲートでの業務など幅広いしごとがあります。

専門学校のグランドスタッフコースで学ぶと、空港で働くこともできますが、鉄道や客船のパーサーや、ホテルスタッフとして働くという選択肢もあります。接客がメインとなるのでコミュニケーション力が必要です。外国からの観光客などにも対応するので、英語力も求められます。学びながらの資格取得もできます。

ホテルコース

ホテルコースホテルコースはその名の通り、ホテルで働きたい人におすすめのコースです。ホテルスタッフとして働くスキルを身に付けるホテルスタッフコース。ホテルのフロントで働くスキルやマナーを身に付けるホテル観光ビジネスコース。ホテル内で働き全てのスタッフに向いているホテル総合コースがあります。

ホテルに宿泊する時は何かあったときフロントが対応しますが、最近はフロント以外にも幅広い相談に対応するコンシェルジュがいるホテルが増えています。ホテルスタッフコースなら、フロントやコンシェルジュに必要な知識やマナーを学べます。英語力やコミュニケーション力が必要です。

ホテル観光ビジネスコースは、主にフロント業務に役立つことを学びますが、知識とスキルは旅行代理店などでも生かせます。コンシェルジュやホテルベルスタッフ、ツアープランナーなど幅広い分野で働ける知識が身に付きます。

ホテルスタッフといっても、ドアマン・バンケットスタッフ・ベルスタッフ・フロントやコンシェルジュまで幅広くなっています。ホテルで働くために必要な総合的な知識を身につけたい人におすすめなのが総合コースです。様々な検定なども受けられるので、検定を受けるために学んだことも仕事に生かせます。

旅行業界の専門学校

旅行業界で仕事をしたいと考えている人は、ホテルや観光・エアラインコースの専門学校に通うのが一般的です。この場合、ホテル系・旅行系・エアライン系と3つの分野に分かれます。ホテル系はホテルで働く人におすすめのコースで、旅行系はツアーコンダクターや旅行会社、観光旅行のプランナーや旅行の企画をする仕事ができます。エアライン系は、エアポートスタッフや空港内で働くグランドスタッフなどの仕事ができます。

旅行業界旅行業界で働く場合は、国内旅行業務取扱管理者の資格を持っていると有利だと言われています。旅行会社には必ず国内旅行業務取扱管理者を1名設置しなければいけないという義務があるので、旅行会社への就職にも役立ちます。国内旅行業務取扱管理者は国家資格ですが、受験資格は特にないので、専門学校に通いながら資格取得を目指すことができます。

旅行系のコースは、鉄道職員として働くためのスキルを身に付ける鉄道サービスコース。英語や観光に関する総合的な知識を学ぶ旅行観光総合コース。旅行会社でお客様の希望に合わせてツアーのプランを考えるツアープランナーコース。旅行に同行して観光案内などをするツアーコンダクターコース。国内旅行業務取扱管理者の資格取得を目指しながら旅行会社で働く知識を身に付ける旅行企画コースに分かれています。旅行会社や鉄道会社で働きたい人におすすめのコースです。ちなみに国内旅行業務取扱管理者の資格取得は、どのコースでも目指すことができます。