旅行業界の専門学校

旅行業界で仕事をしたいと考えている人は、ホテルや観光・エアラインコースの専門学校に通うのが一般的です。この場合、ホテル系・旅行系・エアライン系と3つの分野に分かれます。ホテル系はホテルで働く人におすすめのコースで、旅行系はツアーコンダクターや旅行会社、観光旅行のプランナーや旅行の企画をする仕事ができます。エアライン系は、エアポートスタッフや空港内で働くグランドスタッフなどの仕事ができます。

旅行業界旅行業界で働く場合は、国内旅行業務取扱管理者の資格を持っていると有利だと言われています。旅行会社には必ず国内旅行業務取扱管理者を1名設置しなければいけないという義務があるので、旅行会社への就職にも役立ちます。国内旅行業務取扱管理者は国家資格ですが、受験資格は特にないので、専門学校に通いながら資格取得を目指すことができます。

旅行系のコースは、鉄道職員として働くためのスキルを身に付ける鉄道サービスコース。英語や観光に関する総合的な知識を学ぶ旅行観光総合コース。旅行会社でお客様の希望に合わせてツアーのプランを考えるツアープランナーコース。旅行に同行して観光案内などをするツアーコンダクターコース。国内旅行業務取扱管理者の資格取得を目指しながら旅行会社で働く知識を身に付ける旅行企画コースに分かれています。旅行会社や鉄道会社で働きたい人におすすめのコースです。ちなみに国内旅行業務取扱管理者の資格取得は、どのコースでも目指すことができます。